第33回全日本中国語スピーチコンテスト全国大会

LINEで送る

1月10日(日)第33回全日本中国語スピーチコンテスト全国大会が行われた。

福井県大会で1位を獲得した足羽高校中国語コース2年生の櫛比晶羽さんが参加し、高校生部門で奨励賞に入賞した。

第33回全日本中国語スピーチコンテスト福井県大会

LINEで送る

9月26日 第33回全日本中国語スピーチコンテスト福井県大会が行われた。

足羽高校中国語コースの6名が参加し、スピーチ部門で2年生の櫛比晶羽さんが最優秀賞に入賞。1月に東京で開催される全国大会への参加権を得た。

また、スピーチ部門で2年生の中嶋彩佳さんが優秀賞に、朗読部門では、1年生の堀光輝君が優秀賞・同じく1年生の嶋田優真さんがFBC福井放送賞、2年生の武藤水緒さんが福井テレビ賞に入賞した。

第32回全日本中国語スピーチコンテスト全国大会

LINEで送る


1月11日(日)東京の日中友好会館で第32回全日本中国語スピーチコンテスト全国大会が行われた。福井県予選で高校生・一般部門の最優秀を獲得し、本大会出場のための録音審査も通過して、福井県代表として参加した本校3年生の立山映さんが、第3位、NHK会長賞となり、高校生参加者中最高位に授与される国際文化フォーラム賞も受賞した。

本大会は、日中友好協会主催、外務省、文科省、NHK、読売新聞、共同通信社、国際文化フォーラム、中国大使館などが後援する、国内のスピーチコンテストの中でも最も権威ある大会の一つで、立山さんのスピーチは「大切な心の財産」であった。