中国駐大阪総領事館教育室長講演会

LINEで送る

 3月13日(火)2、3限目に、中国駐大阪総領事館教育室から、室長の袁自煌領事と馬贇領事をお迎えして、講演会が行われた。

 まず、中国語コース2年生が、分担して、足羽高校の紹介プレゼンテーションを一人ひとりが日本語と中国語両方を使って行ったり、中国語スピーチや歌などを披露した。
 その後、袁室長から、発表に対する講評をいただきながら、中国や中国語の魅力についてのお話を伺った。

3月13日(周二)上午,中国驻大阪领事馆教育室迎来了室长袁自煌领事和马赟领事,演讲会隆重举行。
演讲开始后,先是2年级同学轮流使用中日双语介绍足羽中学,然后进行了中文演讲,并且演唱了中国歌曲。
演讲结束后,袁室长对大家发表的内容进行了点评,并向大家讲述了中国及汉语的独特魅力。

関西大内田教授と稲垣先生(本校卒業生)による高大連携講座

LINEで送る

 12月14日(金)3、4限目に、関西大学からお二人の先生方をお招きして、高大連携講座が開かれた。1年4組と2年4組の生徒を対象に、先生方が交替しながら1時間ずつ2回の講座を展開してくださった。
 外国語学部教授の内田慶市先生が『言葉を学ぶとは』の演題で、また、本校中国語コースの卒業生でもある大学院文学研究科文化交渉学専攻博士課程後期の稲垣智恵先生が『台湾留学と中国語学習のヒント』の演題で講演された。
 映像と音声を使って、様々な中国文化についても紹介してくださりながら、中国語を学ぶ興味・関心をさらに高めてくださる内容であった。

 次のリンクは、お二人が現在取り組んでいる文部科学省グローバルCOEプログラム『東アジア文化交渉学教育研究拠点形成』のサイトのそれぞれの紹介ページ。

 内田慶市先生

 稲垣智恵先生

12月14日(周五)利用第3、4节课的时候,我校邀请了关西大学的两位老师给1年级4班和2年级4班的学生进行了“高中大学合作演讲会”。两位老师轮流各自进行了近1个小时的演讲。

外语学院的内田庆市教授的演讲题目为[关于语言的学习]。另一位稻垣智惠老师是本校的毕业生,正在关西大学研究生院攻读文化研究科文化交涉学专业的博士学位。稻垣老师的演讲题目是[我的台湾留学和汉语学习的心得]。

两位老师利用多个视频和音频,不仅向学生们生动地介绍了中国文化等内容,还涉及到了许多能够让学生们对汉语学习更感兴趣的话题。

点击下方两个链接,可以查看到两位老师现在所从事的研究项目:文部科学省全球COE项目[东亚文化交涉学教育研究据点形成]。

内田慶市先生

稲垣智恵先生

福井県民間企業派遣者講演会

LINEで送る

 11月24日(木)2限目、福井県から民間企業、三菱東京UFJ銀行に派遣されている黒瀬智則氏をお招きしての講演会が開かれた。氏は、現在中国上海で同銀行に勤務されている。演題は『中国での経験と中国語学習について』で、この日は、2年4組の生徒を対象に話をされた。
 前半は、中国語のみで大まかな概要を話され、後半、日本語で補充なさった。中国語学習のきっかけや学習の方法など、生徒にとっても身近な話題であった。講演後は、生徒からの中国語や日本語で、中国人の気質、日中の未来など、たくさんの質問にも答えてくださった。

11月24日(周四),我校邀请了黑濑智则先生举行演讲会。黑濑先生原先在福井县工作,后被三菱东京UFJ银行派往上海的分行工作。当天,2年级4班的学生们利用第二节课的时间聆听了演讲,题目为[我在中国的体验以及我的汉语学习]。

演讲的前半部分,黑濑先生用汉语介绍了概要,后半部分又用日语进行了补充。其中有关汉语学习的契机以及学习方法等等,都是正在学习汉语的学生们感兴趣的内容。之后,黑濑先生还用汉语和日语,就学生们提出的例如中国人的气质,日中两国的未来等等问题进行了回答。