浙江省レポート9

LINEで送る

福井県高等学校生徒中国交流事業で、浙江省を訪れている第13回福井県高中生友好交流団のメンバー(足羽高校からは3年生水嶋さん、山越さん、2年生村上さん、山中さん、1年生松澤くん、合川さん、鹿野さん、青山先生)からのレポート9です。

11月2日(火)最終日

 朝9時にホテルを出発し、いよいよ帰国の途に就くことになった。
 もっと杭州にいたかったという生徒がほとんどで、生徒たち全員が、中国語を習いたいとか、もっと中国語を勉強しようとか、決意を新たにしていた。
 生徒の様子からも今回の高校生交流は大成功であったと思う。日本に到着後、洋式トイレの便器が暖かいことやトイレに紙が流せることなどに感激していた。日本の常識が世界の常識ではないことなどに身をもって体験してきた。生徒たちはたくましく、中国語ができなくても、互いの英語が通じなくても必死に気持ちを伝えあい、新たな友情をはぐくんできた。たくましい順応力、積極性、若さとパワー、そしてこの経験は将来に大きく役立つことだと思う。「夢はかなう」ことを信じ、何事にも失敗を恐れず挑戦してほしい。君たちならできるはずである。良きメンバーに恵まれたこと、大きな成果を上げた研修であることを心から感謝したい。実り多き研修をありがとう。

作为福井县高中生与中国交流事业的一环,第十三届福井县高中生友好交流团的成员们到达了浙江省。这是足羽高中三年级的水岛,山越,二年级的村上,山中,一年级的松泽,合川,鹿野以及青山老师发回来的报道9。

11月2日 (星期二)最后一天

 大家早上九点从酒店出发,终于踏上了回国的路程。

 大多数的同学们都对杭州恋恋不舍。大家都下定决心要好好学习汉语。

  看到大家的样子我觉得这次高中生交流获得了大成功。回到日本后,大家很感激洋式坐便器很暖和和厕所手纸可以直接冲掉等等。大家亲身体验到了日本的常识并不是世界的常识。同学们都很勇敢的,哪怕中文讲不通,也努力用英语传达自己的想法,这样子诞生了新的友情。大家坚强的适应能力,积极性,年轻和能量,这些都会对他们的将来很有帮助。希望他们能坚信有梦会圆,无论何事都要不怕失败地挑战。因为你们一定做得到!这次同学们都很优秀,研修取得了很大的成果,我从心底感谢大家!感谢这次收获良多的研修。

浙江省レポート8

LINEで送る

 福井県高等学校生徒中国交流事業で、浙江省を訪れている第13回福井県高中生友好交流団のメンバー(足羽高校からは3年生水嶋さん、山越さん、2年生村上さん、山中さん、1年生松澤くん、合川さん、鹿野さん、青山先生)からのレポート8です。

11月1日(月)第8日目

 8時30分に教学棟前に集合し、別れを惜しんだ。ともに寮で過ごした友達との別れがつらく、涙の別れとなった。この友情を将来の友好発展に結びつけてほしいと思う。8時45分に東方中学の先生、生徒たちが見送る中、私たちは杭州を後にし、一路上海に向かった。
 上海ではまず豫園の中の「緑波楼」で上海料理の昼食を食べ、それから豫園を見学した。豫園では1時間の自由時間をとり、中国的なお店の立ち並ぶ中で、値切りの買い物を楽しんだ。団長が有名な「南翔小籠包」を30分並んで団員みんなに小籠包を買ってきてくださった。それから外灘を散策し、南京路をぶらついた。夕食は「席家花園」で上海蟹の料理などを食べた。夕食後、「白玉蘭劇場」で上海雑技を鑑賞した。雑技は中国到着日に団長からのお願いとして雑技鑑賞を省教育委員会の荷先生にお願いし実現したものである。雑技のハラハラドキドキに感動し、満足して全員がホテルに戻った。

作为福井县高中生与中国交流事业的一环,第十三届福井县高中生友好交流团的成员们到达了浙江省。这是足羽高中三年级的水岛,山越,二年级的村上,山中,一年级的松泽,合川,鹿野以及青山老师发回来的报道8。

11月1日 (星期一)第八天

   八点三十分大家在教学楼前集合,惜别。大家和一起住宿的朋友们舍不得离开,都哭了起来。我想这份友情一定会为将来的友好发展作贡献的。八点四十五分,在东方中学的老师和同学们的欢送下,我们离开了杭州去往上海。

    到达上海后先在豫园的绿波楼吃了上海料理,之后参观了豫园。在豫园花了一个小时的自由时间,那里有很多中国特色的小店,大家在那里体验了下讲价。团长在著名的南翔小笼包排了三十分钟的队为全员买到了小笼包。晚饭后,大家在白玉兰剧场欣赏了上海杂技。这是到中国当天团长向省教委的何先生提出的请求。大家看到杂技表演都很震撼很害怕,大家很满足地回到了酒店。

浙江省レポート7

LINEで送る

 福井県高等学校生徒中国交流事業で、浙江省を訪れている第13回福井県高中生友好交流団のメンバー(足羽高校からは3年生水嶋さん、山越さん、2年生村上さん、山中さん、1年生松澤くん、合川さん、鹿野さん、青山先生)からのレポート7です。

10月31日(日)第7日目

 8時半にホストファミリーは東方中学まで生徒たちを送ってくださり、私たちが紹興市に出発するのを見送ってくださった。
 8時45分に学校を出発し、約1時間半で紹興市に着いた。
 初めに「魯迅記念館」を見物した。紹興出身のガイド、謝さんによる詳しい説明を聞いた。大部分の生徒は今まで「藤野先生」と魯迅との関係しか知らなかったが、科挙試験で「進士」に合格し、杭州市を治めていた祖父のもと裕福な暮らしをしていたこと、13歳の時、祖父の不正により祖父が処刑され、父親がアヘン中毒になるなど一族が没落していき、母親が家財道具を売りながら魯迅をはじめとする子どもたちのの学費を工面したこと、中国人民の思想改革のために文学者となり封建的な中国社会を改革しようと尽力したことなどを知った。
 次に「魯迅故居」(魯迅の生家)を見学した。生徒たちは説明を聞いた後なので、より一層理解が深まった。次に魯迅が通った私塾「三味書屋」を見学してから、昼食をとり、王羲之で有名な「蘭亭」を見学した。「曲水流觴」や「蘭亭の序」に生徒たちの興味関心が集中いた。
 3時過ぎに紹興市を出発し、4時半に杭州市に入ったが、渋滞に巻き込まれ中心部に着いたのは5時半で、それから1時間スーパーマーケットでの買い物タイムを取った。夕食は「知味館」の点心であった。迎えのバスが故障したため急遽タクシーで帰ることになった。中国滞在経験のある足羽の3年生2人を中心に、教員が分かれてタクシーに乗った。全員が無事東方中学に到着した。

作为福井县高中生与中国交流事业的一环,第十三届福井县高中生友好交流团的成员们到达了浙江省。这是足羽高中三年级的水岛,山越,二年级的村上,山中,一年级的松泽,合川,鹿野以及青山老师发回来的报道7。

10月31日(星期日) 第七天

   八点半时,寄宿家庭将学生们送回东方中学,他们又目送我们出发赶往绍兴。

我们8点45分从学校出发,一个半小时后达到了绍兴市。

我们首先参观了“鲁迅纪念馆”绍兴生人的导游小谢为我们进行了详细的说明。大部份同学都只了解藤野先生和鲁迅的关系。这次大家了解到了很多关于鲁迅的事情,鲁迅的祖父曾科举考试中考取进士,并治理过杭州市,全家人生活非常富裕。鲁迅十三岁时祖父因贪污被处刑,父亲也鸦片中毒等等,一家走向没落。母亲开始卖家具来为鲁迅等孩子筹学费。鲁迅先生是中国人民的思想改革的文学家,他为封建的中国社会的改革贡献了自己的力量。

之后,我们去参观了鲁迅故居。学生们听了说明后进一步加深了理解。我们还看了鲁迅先生上学的私塾〈三味书屋〉,吃过午饭后,去往了因王羲之著名的兰亭。同学们对曲水流觞和兰亭序都很感兴趣。

三点半后,我们从绍兴市出发,四点半进入杭州,因为交通堵塞五点半才到达市中心。之后大家花了一个半小时在超市买东西。晚饭是在知味馆吃的点心。因为来接我们的大巴出了故障我们赶忙打出租车回去了。以有来过中国经验的足羽高中三年级的两个同学为中心,教员们分作出租车,大家都平安无事地回到了东方中学。