BTV北京電視台来校

LINEで送る


   BTV北京電視台海外番組センターが、日中国交正常化35周年に際し、60分間のテレビ特別番組『私と日本は距離ゼロ(非常に緊密)』を制作することになった。
   この番組は、盧叡氏(第8期生。卒業後、早稲田大学を経て、松下電器産業株式会社に就職。現在、日中間を飛び回って大活躍中。)という日本で高校生から過ごしてきた中国青年の視点を通して、日本と中国両国の文化・教育などの方面での交流と融合を映し出す内容になるとのこと。

   撮影は、福井、東京、大阪、北京で行われるが、福井での撮影が足羽高校で始まった。
   写真は、ガバナーズスクールの生徒も参加した体育の授業。

   右は、中国語サロンでの撮影打ち合わせ。左は校長室で、齊藤校長と。

BTV北京电视台来校

      BTV北京电视台海外节目中心在日中邦交正常化三十五周年之际,决定录制六十分钟特别电视节目《我与日本零距离(非常密切)》。
      该节目通过卢睿(中文班第八届入校生,毕业后,进入早稻田大学,后就职于松下电器产业股份有限公司,现活跃于日中两国间。)一个从高中时代起开始在日本生活的中国青年的视角来审视并反映出了日中两国在文化・教育等诸多方面的交流与融合。
      摄制分别在福井、东京、大阪、北京进行,在福井的摄制从足羽高中开始。
      右图为在中文沙龙室商议录制事宜,左图为校长室,和齐藤校长在一起。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。