松澤レポート2(漢語橋世界大会・中国重慶から)

LINEで送る

 中国・重慶で開かれている第4回漢語橋世界中高生中国語コンテストに西日本チームの交流チームとして参加している松澤正宜くんから第2報が入りました。

***********************************

 太極拳の他に書道も授業がありました。筆の持ち方から勉強して最後にはみんな‘’我爱中国书法‘’と書きました。漢字を日頃書かない国の人達はとても喜んでいました。日頃漢字を書く僕とあまり変わらないほどでした。日本人として少し恥ずかしかったです。(笑)

 26日には動物園に行きました。初めてのパンダが見れてよかったです。先生の話によるとパンダは食べているか寝ているかのどちらかだそうです。僕たちが見に行ったときは起きて餌を食べていました。

 27日には劇がありました。様々な国の選手で構成された12のチームでの劇はどれもとても面白かったです。倉谷先輩も津原さんも他の国の人達と協力してとても楽しそうでした。来年は自分もあの舞台で劇をしたいと思いました。

 友達と日本のラーメン屋に行ったとき日本語なのに理解しがたいことが書かれていていました。

 漢語橋ものこり3日となりました。28日は国の友情のために木を植えました。久しぶりに選手の人に会えていろいろこれまでのことについて語りあいました。最初の頃に比べると自分の中国語が成長したと思いました。

 午後からは応援団の式がありました。いろんな国の人達の様々な出し物があっておもしろかったです。僕もみんなと一緒に歌を歌いました。

 明日は観光なのでとても楽しみです。残り3日、最後の最後まで楽しんでいきたいです!!

在中国重庆召开的第四届汉语桥世界高中生汉语比赛,西日本观摩团成员之一的松泽正宜同学带来的最新消息。

***********************************

除了太极拳还参加了书法课。从拿笔的方法开始学习,最后大家都完成了同一幅字“我爱中国书法”。对于平时不写汉字的外国朋友来说,学习中国书法是一件非常愉快的事。但是,平时我就经常写汉字,所以没有什么特别的感受。作为日本人,我有点儿惭愧。

10月26日,我们去了动物园。这是我第一次看到大熊猫。听老师说,熊猫一天作息不是吃就是睡。我们去看的时候,正好熊猫醒着在吃饭。

10月27日,有总决赛的舞台剧表演。各国选手分成12队,每个队的表演都非常精彩。仓谷学姐和津原同学和其他国家的选手共同努力完成表演,两人都非常投入。明年,我也想要作为参赛选手站在这个舞台上。

我和朋友一起去了一家日本拉面店。明明是日本拉面店,但是写的日语我都看不太懂,有点儿奇怪。

10月28日的活动是,种下各国友谊之树。可以再次和参赛选手碰面交流开赛至今为止的感想。比起刚来重庆的时候,我觉得自己的汉语有进步。

下午参加了观摩团的结业仪式。各国朋友都表演了拿手节目,现场气氛其乐融融。我也和大家一起唱了歌。

期待明天的观光。我想要尽情尽兴地度过在重庆的最后三天。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。