第26回全日本中国語スピーチコンテスト全国大会

LINEで送る


 

 

 

 東京の日中友好会館で開かれた第26回全日本中国語スピーチコンテスト全国大会で、3年4組の杉田彩さんが、高校生・一般部門の第5位に入賞した。


 

 

 

 県予選での成績から福井県日中友好協会の推薦を受け、全国大会出場を決定する原稿・テープ審査を通過しての出場だった。


 

 

 

 スピーチ内容は、昨年7月に開かれた『漢語橋・世界中高生中国語コンテスト』に参加して、大会そのものだけでなく、参加24カ国29チーム89人の選手たちとの中国語での交流を通して、大学生大会にも出場し「日本人の中国語はすごい!」と言われるようになりたいとの決意を語ったものだった。

 

 

 

 第26届全日本汉语演讲比赛
    第26届全日本汉语演讲比赛在东京日中友好会馆举行,3年4班的杉田彩在高中生・一般部门组的比赛中荣获第5名。
   经福井县日中友好协会从县的予赛成绩中推荐,并通过了全国大赛组委会对原稿及录像带的审查,杉田彩得以参加全国的比赛。
   演讲的内容是去年7月参加“汉语桥・世界中学生中文比赛”的感想。她在演讲中说不仅通过参加大会,而且通过用汉语与来自24个国家、29支代表队、89名选手的交流,看到了自己的差距。表达了今后为能参加大学生汉语比赛,让人们说“日本人的汉语真棒”而努力学习汉语的决心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。