伊藤くん、世界大会への出場権を獲得!(本校2年連続)

LINEで送る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月13日(土)、立命館大学衣笠キャンパスで、中華人民共和国駐大阪総領事館教育室主催の第二回「漢語橋」世界中学生高校生中国語コンテスト西日本地区予選大会が行われ、3年生の伊藤直人くんが2位、2年生の生島雄大くんが3位とパフォーマンス賞、同じく2年生の吉田智裕くん、岩倉翔矢くんが審査員奨励賞を、また、足羽高校が団体賞を受賞した。

 コンテストは、暗唱による中国語スピーチ(3分)、中国や中国語に関する知識を問う質疑応答(2分)、中国文化技芸の披露(3分)の構成であった。

 吉田くんのスピーチタイトルは「ようこそ北京へ」、文化技芸の披露では、人民服を着て、毛沢東の詩を朗詠した。

 

 

 

 伊藤くんのスピーチタイトルは「中国に行って」、文化技芸の披露では、森山直太朗の「さくら」の中国語バージョンを熱唱した。

 

 

 

   岩倉くんのスピーチタイトルは「中国語と野球」、文化技芸の披露では、中国版カスタネットを演奏しながら、ラップ調早口言葉を披露した。

 

 

 

 生島くんのスピーチタイトルは「国際交流」、文化技芸の披露では、ギターを演奏しながら「真心英雄」を歌った。

 
 

 

 

     この日の上位3名(1位1名、2位2名)は、西日本代表(大阪チーム)として中国重慶市で10月16日~10月30日に行われる第2回「漢語橋」世界中高生中国語コンテスト本大会(準決勝、決勝)に出場することになる。今後は、大阪総領事館教育室でのトレーニングを受けながら、大会に備えることになる。

 なお、出場校中最多の男子4人が、すばらしい発表をしたとのことで、団体賞(大阪総領事館賞)が、引率の青山教諭とALTの姜先生に授与された。

 関連Webページ

 世界中国語コンテスト

 立命館孔子学院

伊藤同学 获得世界大赛参赛资格!
     6月13日(星期六)、在立命馆大学的衣笠校区,举行了由中华人民共和国驻大阪总领事馆教育室主办的第二届“汉语桥”世界中学生中文比赛西日本地区预赛。此次比赛中,本校三年级学生伊藤直人获得了二等奖,二年级学生生岛雄大获得了三等奖和才艺奖,另外两名二年级学生吉田智裕和岩仓翔矢获得了鼓励奖。此外,足羽高中还获得了团体奖。
        本次比赛由三个环节组成,3分钟汉语演讲、2分钟中国和汉语知识问答以及3分钟的中国文化艺术表演。
       
        吉田同学的演讲题目是《北京欢迎你》,在文化艺术表演环节,吉田同学还穿上了中国过去的绿军装,朗诵了毛泽东的诗词《沁园春・雪》。

          伊藤同学的演讲题目是《我的中国之行》,在表演环节,他用汉语满怀热情地演唱了森山直太郎的《樱花》。

        岩仓同学演讲的题目是《汉语和棒球》。他为大家表演的是具有说唱风格的快板。

        生岛同学演讲的题目是《国际交流》,他表演的节目是吉他弹唱《真心英雄》。

         此次比赛获得前3名(一等奖1名、二等奖2名)的选手将代表西日本于今年10月16日~10月30日前往中国重庆参加第二届“汉语桥”世界中学生中文比赛。为了能在世界比赛中取得好成绩,他们还将接受大阪总领事馆教育室的汉语培训。

        由于本校的4位男生参赛选手表现出色,评委会为足羽高中颁发了团体奖(大阪总领事馆奖),带队的青山老师和ALT的姜老师接受了颁奖。

伊藤くん、世界大会への出場権を獲得!(本校2年連続)” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。