10月19日(月)重慶第一日目(第2回「漢語橋」世界高校生中国語コンテスト)

LINEで送る

10月19日(月)重慶第一日目(第2回「漢語橋」世界高校生中国語コンテスト)
北京の首都国際空港から9時50分発の国内便で重慶に向かう。2時間半で重慶国際空港に着くと、各国のグループごとに担当一人の割合でボランティアが出迎えてくれた。大阪チームは重慶滞在中、四川外国語大学の3年生の陳華蕾さんが担当してくださることになった。優しくてかわいいお嬢さんなので3人とも大喜び。伊藤君が「姜先生が言われた通り、重慶は本当に色白美人が多いですね。」と言うと、彼女は真面目な顔で「そうですね。」と答えた。宿泊するホテルは、「天来戴斯大酒店・五つ星!!」の2号楼。到着後14時頃からの昼食では、バイキングのメニューも北京より多いし、外にも中にもプールがある豪華なホテルに生徒たちはハイテンションだった。16時半からは4Fの会議室でコンテストの説明会準決勝第一回戦の順番を決める抽選があった。コンテストには団体賞1・2・3位、個人賞1・2・3位、ブログ賞など多数の賞が準備されていた。ブログについては、17日から生徒たちは、
http://bridge.chinese.cn
の個人ブログに毎日日記を書くことが課せられている。今のところ、大阪チームがトップにいる。毎日できることをしていきたい。抽選は各チームの引率が箱から番号の書かれたボールを取る形で行われた。大阪チームは26番目、東京チームは24番目になった。18時からは、国家漢弁、重慶人民市政府、重慶教育委員会主催の歓迎会が行われた。主賓席には五大陸を代表して引率教師または生徒が座った。生徒代表は、ドイツのダニエル君が、引率代表は僭越ながら青山が頼まれ、させていただいた。歓迎会は盛大かつ和やかな雰囲気の中で行われた。

我们乘坐9点50分的国内航班从北京首都国际机场飞往重庆。2个半小时后抵达重庆国际机场。每个国家代表队都有一名志愿者迎接。负责接待大阪队的是四川外国语大学3年级学生陈华蕾同学。她是一位性格温柔,长得十分可爱的女孩子,三个学生都很高兴。伊藤同学说:“果然像姜老师说的那样,重庆皮肤白的美女真多。”这时,她用很认真的表情回答说:“是的。”我们住的地方是五星级的天来戴斯大酒店2号楼。下午两点左右开始吃午饭,全部是自助餐,菜的种类比北京多。酒店的外面和里面都设有游泳池,住在这样豪华的大酒店里,学生们都很兴奋。下午4点半,在4层的会议室进行了决定第一场复赛出场次序的抽签仪式。比赛设有一、二、三等的团队奖、个人奖和博客奖等等。从17日开始,学生们要每天写博客,网址是http://bridge.chinese.cn。在现在的博客积分榜上大阪队居首位。我希望学生们每天尽力做好自己能做到的事情。抽签是由每个队的带队教师从箱子中抽取写有号码的小球。大阪队是26号,东京队24号。18点,举行了由国家汉办、重庆市人民政府、重庆市教育委员会主办的欢迎会。会上,各选出一名学生和一名带队教师代表世界五大洲坐在主宾席上。学生代表是德国的丹尼尔同学,很冒昧,由我来担当老师的代表。欢迎会举办得很隆重,气氛很祥和。

10月19日(星期一) 在重庆的第一天(第2届“汉语桥”世界中学生中文比赛)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。