10月22日(木) 重慶4日目 (「漢語橋」世界高校生中国語コンテスト)

LINEで送る

10月22日(木) 重慶4日目 (「漢語橋」世界高校生中国語コンテスト)

連日のスケジュール変更により帰る時間が遅かったため、今日は午前中に、前日夜に行うはずだった準決勝第2回戦の抽選会があった。司会の王先生から中国の十二支の由来とそれらの特徴についてスクリーンを使って説明があった。その後一人ひとりが、十二支の動物名を書いたボールを引いた。伊藤君は「馬」組で「重慶市育才中学校」、神中君が「猪」組で「重慶市南開中学校」、長谷川さんは「猿」組で「重慶市第8中学校」になった。抽選後、グループに分かれてすぐ各中学校に向かった。引率団は昼食後市内観光に出かけた。「重慶博物館」と「洪崖洞」で夕食の火鍋と買い物をした。

10月22日(星期四) 在重庆的第四天 (“汉语桥”世界中学生中文比赛)

由于这些天来的计划有所改变,回去得都很晚,所以今天上午举行了本应该在前一天晚上举行的第二场复赛的抽签仪式。主持人王老师用大屏幕为我们说明了中国十二生肖的由来和各自的特征。然后,每个人开始抽签,小球上写有十二生肖动物的名称。伊藤同学抽到了“马”,是重庆市育才中学。神中同学抽到了“猪”,是重庆市南开中学,长谷川同学抽到了“猴”,是重庆市第8中学。抽签仪式结束后,学生们马上分小组前往各自抽到的中学。带队教师吃完午饭后开始市内观光。我们参观了重庆市博物馆和洪崖洞,晚饭吃的是火锅,之后又买了很多东西。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。