10月29日(木) 重慶11日目 (「漢語橋」世界高校生中国語コンテスト)

LINEで送る

10月29日(木) 重慶11日目 (「漢語橋」世界高校生中国語コンテスト)

今日は準決勝第3回戦「中華印象」があった。午前中9時からリハーサル。そのリハーサルの途中に重慶市長が来られて何人かの生徒たちに「重慶の印象はどうですか」「中国語を何年勉強していますか」などの質問をし、私たちを歓迎してくれた。昼食後、2時半からが本番であった。35チームが、それぞれ5チームずつ7組に分かれて、試合をした。大阪チームは第一組。第一組は①日本・大阪②ハンガリー③アメリカ・ワシントン④ベトナム⑤シンガポールの5チームで強豪ばかりであった。シンガポールとベトナムは別格であった。試合の内容は、早押し(抢答)、値段あて(猜价格)、話をつなぐゲーム(接话游戏)、品物の使い道を答える(猜功用)、物語を聞いて質問に答える(听故事,答提问)、踊りのまねをする(模仿)である。大阪チームは一組の中で、シンガポール、ベトナムに次ぎ3位通過であった。大阪チームの敗因は早押しを一つも取れなかったことであるが、3人ともよく健闘した。最終14位で決勝進出10位までにあと一歩及ばずであった。決勝進出を決めたのは、①ラオス、②モンゴル、③アメリカニューヨーク、④日本・東京、⑤オーストリア、⑥シンガポール、⑦フランス、⑧タイ、⑨ベトナム、⑩ドイツであった。今日は見学チームも試合の応援に参加した。中国へ来て初めて生島君の顔を見ることができた。毎日が楽しくて日本に帰りたくないと言っていた。プレッシャーの多い選手たちの生活とは違い、見学チームは天国のようなのだろうと思う。

10月29日(星期四) 在重庆的第十一天 (“汉语桥”世界中学生中文比赛)

今天举行第三场复赛“中华印象”环节的比赛。从上午9点开始彩排。彩排途中重庆市市长来到了现场,问了几个学生“你对重庆的印象如何”、“学习汉语几年了”等问题,并对我们的到来表示了欢迎。下午两点半,比赛正式开始。35个代表队,每5队为一组,共分成7组进行比赛。大阪队在第1组,其他4个队是匈牙利队、美国华盛顿队、越南队和新加坡队,全都是实力很强的代表队。尤其是新加坡队和越南队更是强中之强。比赛内容有抢答、猜价格、接话游戏、猜功用、听故事答提问和模仿。最后,大阪队次于新加坡队和越南队,位居第3。我们在抢答环节中所有题目都没有抢到,因而导致了成绩落后,但3位选手都已经尽了最大的努力。最后,大阪队获得了第14名,很遗憾未能进入决赛。闯进决赛的前10个代表队分别是,老挝、蒙古、美国纽约、日本东京、奥地利、新加坡、法国、泰国、越南和德国。今天,汉语桥的参观见学团也来到比赛现场为选手们加油。我们也见到了生岛同学。他是第一次来中国,每天玩得很开心,都不想回日本了。和参赛选手们充满压力的生活相比,他们过的简直是天堂般的生活。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。