北京語学研修速報第6号 2月4日 傣家村 功夫传奇

LINEで送る

     今日も北京は快晴。今日校長先生が帰国の途に就かれることとなった。朝食後、校長先生から「残りの研修を有意義に、またひとまわりもふたまわりも大きく成長した皆さんと日本で再開できることを楽しみにしています。」と激励のお言葉をいただいた。
     授業が始まって三日目。生活にも慣れて、余裕が感じられる。授業については、どのクラスの先生方も生徒たちの様子や要望を聞いてくださって、とても工夫を凝らしてくださっている。「日本でもすべて中国語で授業をしてくれればいいのに!!」という声も上がっている。あっという間に50分が終わるようでとても充実した中国語の授業である。どの生徒も積極的に取り組んでいる。

王府井大街でショッピング

     午前の授業を終え、午後からは北京一の繁華街-王府井大街へ出かけた。趙先生から「春節前ということでスリが多いです。スリ対策のため、全員パスポートを部屋に置いてくるようにして下さい。」という指示をいただいた。また今回、李冰先生の計らいにより、みなさんのために特別に外出時は旅行者のガイドさんをつけて下さるこことなった。皆さんに今の中国と悠久の歴史を持つ中国を十分理解してほしいということだった。李冰先生に感謝するとともに、その思いにこたえたいと思う。!
     生徒は、ショッピングできるとあって昨日からとても楽しみにしていた。思い思いの買い物を実行したようだ。

傣家村(Dǎijiācūn)レストラン

     中国は56の多民族国家である。漢民族以外を少数民族というが、多民族国家中国を感じてもらうために、少数民族の一つの傣族(Dǎizú)のレストラン傣家村(Dǎijiācūn)で例年食事をしている。生徒たちは食事をしながら、ステージで披露されるしなやかなタイ風の伝統的民族踊りに見とれていた。男子はきれいな女性の踊りに魅了され、女子は司会をしているお兄ちゃんに関心が集まり一緒に記念写真を撮っていた。例年であればショウタイムの最後に、生徒たちを舞台に誘い、丸くなってフォークダンスの「マイムマイム」のような踊りを踊って非常に盛り上がるところだが、今年はそれがなかった。非常に残念であった。団体客は私たちだけで少なく、春節間近で人がいなかったためかは定かではない。今回足羽高校を始めて担当する趙先生に聞いてみることにしたい。

カンフーミュージカル(功夫传奇 Gōngfū Chuánqí)

     本日最後は、待ちに待った中国ミュージカルのカンフー。
    ストーリーは、一人の幼い少年が少林寺に修業に出され、思春期の苦悩を経て強靭な精神と肉体を持つ僧に成長し、やがてカンフーマスターとしての地位を授けられるという内容だ。鑑賞前に大体のストーリーを予習したため、ストーリーはよく理解できたようだった。歌ありバレエ風の踊りあり、勿論カンフーありで、みな舞台の人の見事な動きにすっかり夢中になって鑑賞していた。

                         
<生徒の声から>

  • 授業4時間。中国語ばかりやっていると、最初は嫌だと思っていたけど、日本史?とか生物?やっているよりずっと楽しいと思えるようになりました。今日は王府井に行っていろいろな店を回りました。店の裏では、腕を引っ張られなぜか日本語で「ちょっと見っていって」と言われました。怖かった。結局いちごあめだけ買いました。(山越)
  • 王府井は、めちゃくちゃ人が多すぎてびっくりしました。東京みたいでした。買い物はできなかったけれど、いい経験がたくさんできました。怖い人(?)もたくさんいました。また、すばらしいカンフー劇を見てかなり感動しました。お母さんも観たいと言っていたので、早く話してあげたいです。(大島)
  • あんな小さい子が日々厳しい訓練に耐え、カンフーをしているのはすごかった。パーフォーマンスも派手でよかった。(中村)
  • 小さい子供が連続バック転や腕を使わず頭でバック転をしたり、木や鉄の板を頭で割ったりしてびっくりした。最後に俳優さんたちと記念写真を撮ることができて良かった(水嶋)
  • [googlemap lat=”39.90806560139296″ lng=”116.4116370677948″ width=”300px” height=”150px” zoom=”17″ type=”G_HYBRID_MAP”]39.908066,116.411637[/googlemap]

        今天,北京的天气依然晴朗。山本校长今天就要启程回国了。早饭后,校长鼓励学生们说:“希望在剩下的日子里,大家能继续努力,把研修过得充实有意义,期待在日本再相见的时候,你们能成长很多。”

        上课已经是第三天了。大家都已经基本上适应了这里的生活。每个班的老师都根据学生们的需要,尽可能地满足学生们的要求。有的学生说,要是在日本也能全部用汉语上课就好了。一节课50分钟的时间过得很快,大家能学到很多东西,感觉很充实。每个学生都十分认真地听课学习。

    去王府井大街购物

        上午的课结束以后,下午,大家一起去了北京的繁华区——王府井大街。临行前,赵老师嘱咐大家逛街时要看管好自己的个人财物,要把护照放在房间里以防丢失。这次,李主任还特意为我们安排了一位旅行社的导游一同出行。目的是为了让大家更加充分地了解当代的中国以及中国的悠久历史。十分感谢李主任的精心安排,我们决不能辜负了李主任的一片心意。

        学生们从昨天就开始期待今天的购物活动了。最后,大家好像都买到了各自喜欢的东西。

    傣家村大酒店

        中国是个多民族国家,共有56个民族。汉民族以外的55个民族被称为少数民族。为了让大家体验少数民族多姿多彩的文化,我们每年都会带学生去少数民族之一的傣族酒店——傣家村。学生们一边吃着傣族特色料理,一边欣赏傣族的传统舞蹈。男孩子们为舞台上傣族姑娘那美妙婀娜的舞姿所吸引,女孩子们则对那个主持人的小伙子表现出了更多的兴趣,最后大家一起合影留念。往年,在舞蹈表演结束后,学生们还会被邀请上台,和他们围成一个圈大家一起跳舞,现场的气氛十分活跃。可是,令人非常遗憾的是今年却没有了这个活动。不知道是不是因为团体客人只有我们,人数太少,而且临近春节,好多工作人员都放假回家了呢。我想就此情况询问一下赵老师。

    功夫传奇

        今天最后的活动是,学生们迫不及待要观看的功夫音乐剧。

        剧情是,一位少年到少林寺修行,在经过了儿时各种困难及苦恼后,最后磨练成一个拥有着顽强意志且功夫极高的僧人。后来还被尊称为功夫之王。在观赏前,已经让学生们大概预习了此剧的情节内容,所以看的时候在剧情理解上应该没有什么问题。这个剧既有歌曲,也有芭蕾风格的舞蹈,不用说还有功夫表演,学生们都被演员们那精湛的表演深深地吸引住了。

    〈学生感言〉

        今天上了4节课。刚开始听说课上全部使用汉语的时候,有些不太喜欢。但是,现在,我却觉得汉语课要比日本历史课和生物课等等有意思多了。今天,我们在王府井逛了很多店。在店里,还有人拽着我的胳膊用日语说“过来看看吧”,当时有些紧张害怕。最后,我只买了草莓味的糖果。(山越)

        王府井就像东京一样,人山人海,令我很惊讶。虽然没有买东西,但却体验到了很多。今天,我们还观赏了非常棒的功夫剧。妈妈说她也很想看功夫表演,我想马上告诉她。(大岛)

        很佩服那个表演小和尚的演员,年龄那么小功夫却那么好。整个舞台、表演都很华丽,真是非常好的一部剧。(中村)

        看到那么小的小孩可以连续空翻,还可以不用手只用头空翻,用头击碎木板铁板,真的是太令人吃惊了。最后我们还和演员们一起合影,留下了美好的回忆。(水岛)                     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。