青島1日目(世界中高生中国語コンテスト)

LINEで送る

20080719_0145_2.JPG 20080719_0145_3.JPG 20080719_0145_4.JPG 20080719_0145_5.JPG 20080719_0145_6.JPG 20080719_0145_7.JPG20080719_0145.JPG 

 青島空港に到着すると、各チームに一人の青島二中のボランティア生徒の出迎えを受ける。大阪チームのボランティアは高一(この九月から高二)の魏正くん。重慶から山東に開催地が変わったこともあり、魏正くんは、完全にボランティア精神で、一ヶ月半日本人教師について、日本語の基礎をある程度勉強したそうだ。中国語コンテストに参加する生徒たちということで、なるべく中国語で話しかけながらも、日本語の基礎をほぼ学習し終えたなという感じで時折、日本語で話しかけてきてくれた。
 後でわかったことだったが、青島二中は青島市で最も優秀な中学だということが肯けた。これも後で、魏正くんが明かしたことだったが、日本語学習は、日本のコンピューターゲームをするのにいいと思ったという、心の内を話してくれ、高校生らしいところを見せてくれた。まずは、ホテルにチェックインして、昼食を済ませる。昼食後、参加選手の意見から、浴衣に着替えて、青島二中に向かう。いくつかのチームが各国の民族衣装を身につけていた。
 青島二中では、コンテストの開会式典と青島二中の歓迎会が、兼ねて行われた。
 コンテストの開会式典では、関係機関の指導者の挨拶や、山東省滞在中の計画、コンテストのルール発表、準々決勝の発表順を決める抽選会などで構成された。日本の大阪チームは、代表の杉田さんが、29チーム中18番のくじをひきあてた。
 青島二中の歓迎会では、生徒代表による、青島市と青島二中のプレゼンテーションがあった。その後、ボランティア生徒の案内で、青島二中の授業を受けた。大阪チームは、書道・中国画の体験をした。授業後、学生食堂で、食事をすませ、ホテルに戻った。
 コンテストのルールなどが発表された後でもあり、練習にも熱が入り、お互いの発表への意見が出るようにもなってきた。
 

青岛第一天(世界中学生汉语比赛)

      到达青岛机场后,每个队由一名青岛二中的志愿学生迎接。接待大阪队的志愿者是高一学生魏正(九月上高二)。因为举办地由重庆改为山东,魏正以完全的志愿者精神,从师于日本老师,学习了一个半月的基础日语。虽然和参加汉语比赛的学生要尽量说汉语,但他好像学完了基础日语,偶尔说日语。

      青岛二中是青岛市最好的中学,这是后来知道的。后来魏正说了心理话,学习日语是为了玩儿日本的电脑游戏。这让我们看到了象高中生的一面。办完入住手续后,吃午饭。午饭后,根据选手的意见,换上夏天的和服,去青岛二中。有几个队也穿上了各自的民族服装。

   在青岛二中举行了比赛开幕式和欢迎会。

    在比赛开幕式上,领导致辞,有关负责人讲解了在山东省停留期间的计划、比赛规则,抽签决定了复赛的顺序。杉田彩代表大阪队抽到了29支代表队的第18号
 在青岛二中的欢迎会上,学生代表介绍了青岛市和青岛二中。然后,由志愿学生引导,参观了青岛二中的课堂。大阪队体验了书法和中国画。课后,在学生食堂用餐,回宾馆

 比赛规则公布后,练习也加劲儿了,对演讲互相提出了意见。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。